業績

書籍

研究代表者で絞り込む

  • 全て
  • 保前
  • 星野
  • 今吉
  • 大隅
  • 柴田
  • 公募

2018年

2018年の業績を開く

  • 郷康広,藤山秋佐夫,阿形清和,松沢哲郎:チンパンジー親子トリオのゲノム解析.科学(岩波書店)2月号,122-123,2018
  • Monden Y, Nagashima M, Dan H, Ikeda T, Kyutoku Y, Yamagata T, Dan I: fNIRS-Based Clinical Assessment of ADHD Children. High-Resolution Neuroimaging Basic Physical Principles and Clinical Applications (Intech Open), 3-21, 2018
  • 井口善生: Chapter 4「学ぶ」の扉. あの人はどうしてそうしてしまうの?身近な7つの扉から入る心理学の世界 (ポラーノ出版), 87-118, 2018

2018年の業績を閉じる

2017年

2017年の業績を開く

  • 今吉 格: 神経幹細胞の増殖・分化の光制御と生後脳・成体脳ニューロン新生. ブレインサイエンス・レビュー, 2017 (株)クバプロ 2017年02月 ISBN: 978-4-87805-150-0
  • 大隅典子: 脳の誕生 発生・発達・進化の謎を解く. ちくま新書, 2017
  • 原塑・山内保典(編):「特集=研究公正とRRI」、科学技術社会論学会編集委員会編『研究公正とRRI・科学技術社会論研究第14号』. 玉川大学出版部,2017
  • 原塑・山内保典:「研究公正とRRI:特集にあたって―科学的合理性の再考」、科学技術社会論学会編『研究公正とRRI・科学技術社会論研究第14号』. 玉川大学出版部,2017
  • 原塑(翻訳):「欧州科学財団、欧州科学アカデミー連合「公正な研究のための欧州行動規範」、科学技術社会論学会編『研究公正とRRI・科学技術社会論研究第14号』. 玉川大学出版部,2017
  • 柴田智広: 脳科学(総論). 人工知能学大辞典 (共立出版), 196, 2017
  • Wada K, Chen CC, Jarvis ED: Molecular Profiling Reveals Insight into Avian Brain Organization and Functional Columnar Commonalities with Mammals. Brain Evolution by Design: From Neural Origin to Cognitive Architecture (Springer), 273-289, 2017
  • 片山雄太、西山正章中山敬一: CHD8のハプロ不全はRESTを異常活性化し自閉症の発症原因となる. 実験医学, 35, 61-64, 2017
  • 渡部文子:「第8章 運動系と制御系」(分担翻訳、pp. 333-386) 柚崎通介 岡部繁男 監訳 『スタンフォード神経生物学』 メディカル・サイエンス・インターナショナル、2017年

2017年の業績を閉じる

2016年

2016年の業績を開く

  • 多賀厳太郎(分担執筆): 発達と保育のシステム論. あらゆる学問は保育につながる:発達保育実践政策学の挑戦, 165-190, 2016
  • 渡辺はま(分担執筆): ヒトの初期発達と環境. あらゆる学問は保育につながる:発達保育実践政策学の挑戦, 191-223, 2016
  • Yamada M, Hoshino M: Precerebellar Nuclei. Essentials of Cerebellum and Cerebellar Disorders, 63-67, Nov, 2016
  • Hoshino M: Specification of Cerebellar Neurons. Essentials of Cerebellum and Cerebellar Disorders (Springer), 143-147, Nov, 2016
  • 大隅典子:脳の形成と自閉スペクトラム症. テルモ生命科学芸術財団「生命科学DOKIDOKI研究室」監修『いのちの不思議を考えよう3 脳の神秘を探ってみよう 生命科学者21人の特別授業』(分担執筆、pp. 134-146).新聞出版朝日,2016

2016年の業績を閉じる