国際連携

本領域では、若手研究者の海外派遣、海外研究者を招聘してのセミナーやシンポジウムを開催しています。それら活動を通して、国際共同研究を促進します。

また、本領域では、マウスやラットなど齧歯類の音声コミュニケーションのデータを公開するためのデータシェアリングプラットフォーム(DSP)の運用を開始しました。記録された音源とそれに対するメタデータ(マウスの種類や飼育環境、実験条件など)を登録し、公開します。

このプラットフォームに登録されたデータは、理化学研究所のRIKEN META DATABASEとも自動連携します。さらに、このDSPで発行された各音声ファイルのURLを用いてフランスのパスツール研究所が提供するマウス超音波コミュニケーションのデータシェアリングプラットホーム・mouseTubeとリンクすることが可能です。

mouseTubeは、音声ファイルを保存するサーバの提供は行なっておらず、研究者自身で保存用のストレージを用意し、ダウンロード用のURLをmouseTubeに登録する必要があります。本領域のDSPに音声ファイルを保存しメタデータを登録すると、ダウンロード用のURLも発行されます。mouseTubeへのデータ登録自体は別途各研究者で行う必要がありますが、本DSPへの登録情報の一部は、mouseTubeに登録する際に必要な情報と一致しており、mouseTube登録に必要な情報だけをエクスポートすることが可能です。この情報を用いて、本DSPをサーバとして用いてmouseTubeでデータ公開をすることができます。
また、mouseTubeはマウスの音声コミュニケーションに限定されたプラットフォームですが、本領域のDSPはマウス以外にもラットなどの音声コミュニケーションのデータを公開して頂くことができます。

今後は、音声データ以外のデータに対するシェアリングプラットフォームも構築予定です(モーションキャプチャのデータなど)。

このようなデータシェアは、実験の再現性の向上や、生命科学と情報科学の連携を加速させるために重要です。みなさまのデータの登録、活用をお待ちしています。

データシェアリングプラットフォーム

国際派遣のまとめ

セミナー・シンポジウムのまとめ